ブログ

先進的窓リノベ2024事業

和歌山や南大阪で地産地消の家、

大工さんの手刻みで建てる木の家、

設備に頼らない、建築でできることを

考えて、信念をもって家づくりを

おこなっている、和秋建設の前田です。

 

現在 国の補助金で先進的窓リノベ2024事業

はじまっています。

その補助金を使い窓リノベをする予定の現場に

本日採寸と打ち合わせに行ってきました

 

今回は内窓を入れる予定です

YKKの内窓プラマードUを採用します

ガラスもぺガラスのLow-Eガラスを採用して

空気層にアルゴンガスを入れて性能を高める仕様にしています

 

また玄関ドアの入れ替えも補助金が出ます

子育てエコホーム支援事業や給湯省エネ2024事業も

併用することができますので

ご相談いただければ対応させて頂きます

 

うまいこと活用すれば 窓だけでも最大200万円まで

でます。

 

国も家の断熱に関しては 性能を今後上げていくための

施策をいろいろしてくれているので

リフォームするのであれば活用することは

メリットがあると感じています

 

窓の大きさやガラスの種類によって補助金額は変わってきます

私自身も2年前に家の窓の内窓を入れて

玄関も交換した経験があります

その当時より現在の方が補助金の金額は大きなっていると思っています

内窓をプラスするだけで 「断熱」「遮熱」「防露」「防音」の4つの効果が得られます

 

採寸してくれている 北浦さんです

間違わないでね!

 

来月の13日から着工することに決まりました

 

また帰りに岬の家に寄らせて頂きました

家族4人快適に住んでくれているみたいでした

近所の桜も8分咲きくらいで

非常に奇麗に見れました

ひと時の安らぎを頂きました

やっぱり桜は奇麗だなと

感じながら帰って来た前田なのでした。

 

代表取締役 前田 純
株式会社和秋建設前田 純(まえだ ひとし)

昭和39年5月29日生まれ

一級建築士
一級施工管理技士
宅地建物取引士

和歌山県和歌山市生まれ

地産地消の考えのもと全国に誇れる資源の紀州材を環境に優しい自然乾燥で大工さんの手刻みにこだわり、家の中の空気がおいしいなと思える家づくりを行っています。

最近のブログ記事

会って話ができることは勉強になります。
会って話ができることは勉強になります。
型ができている家づくり
型ができている家づくり
昔は賑やかだったのに
昔は賑やかだったのに
令和6年度建築物木造木質化支援事業
令和6年度建築物木造木質化支援事業
施主様に元気もらいました
施主様に元気もらいました