日々の出来事。
技術屋として気づいたこと。
建築に対する想い。

  • 重陽の節句

    2022.09.09

    朝夕が少し涼しく感じるようになりました。

    お天気が不安定で毎日天気予報を何度もチェックするスタッフ鶴田です。
    これからは台風の季節。
    現場はお天気に左右されるのでチェックは欠かせません。

    朝のニュース、お天気コーナーで

    9月9日は「重陽の節句」ですと言っていました。ちょうようのせっく?初めて聞いた気がして調べてみると、

    3月3日「桃の節句」
    5月5日「端午の節句」
    7月7日「七夕の節句」
    1月7日「人日の節句」

    で5節句
    節句が5つあるのをはじめて知りました。

    昔は一年の内、最も重要視されていたそうです。
    無病息災や家族の健康、長寿を願う節句。

    今こそ心から願うことです。

    重陽の節句は菊の節句
    かわいい菊の花を飾って、菊酒を飲むそうです。
    栗ご飯・焼きなすなども節句にたべるといいみたい。
    すっかり秋の食材です。

    最近は温暖化などで暦と季節感が少しずれてきていますが、日本ならではの季節の感じ方や風習はとても好きです。大切にしていきたいなと思います。

    健康を祈りつつ美味しい秋の味覚をいただきます。

  • 和モダンな外観

    2022.08.26

    スタッフ鶴田です。
    完成間近な平屋の家に。
    紀州材の手刻み、びおソーラー、耐震ダンパーと和秋建設の定番の木の家です。

    初めてメールでお問い合わせいただいたのが去年の8月19日。
    ちょうど一年たちました。

    元のお住まい家に門長屋があり解体をしてる最中にご相談にきていただき色々なお話をしながら進めてきました。

    ショールームに一緒に行ったり、打合せをさせていただくときも、いつも和やかで楽しい時間でした。

    道に面している部分には木を植える予定です。
    ずいぶん雰囲気が変わるはず。

    通学路に面しているので新築を機に既存のブロック塀をフェンスにすっきりした印象に。

    和歌山市では、通学路に面している3段積み以上のコンクリートブロックの塀を撤去したり、フェンスや板塀等を新たに設置する際に費用を補助してくれる制度もあります。
    (条件や予算などもありますが)

    お引渡しまであと少し。

    ここでの新しい暮らしをはじめてもらう日も近づいています。

     

  • 夏もそろそろ

    2022.08.25

    お盆が過ぎて急に季節が変わったような気がします。
    とは言えまだまだ暑いですが、日が落ちるのも早くなりました。

    お盆の間は現場はお休みをしていましたが、お問い合わせや打合せはLINEでもできるので思ったときにやり取りができるのは便利です。

    土地のご相談
    設備のこと
    これからの進めかたなど
    色々な相談もLINEを使うことも多くなりました。

    対面が当たり前、電話では伝わりにくいと言っていたのがずいぶん前のことになってしまったのかもしれません。

    今まで経験したことのないような世の中の大きな動きに直面しています。
    普段の暮らしも激変している真っ最中です。

    家づくりも大きな影響がずっと続いています。
    ネガティブな情報が多くて本来楽しめるはずの家づくりが重い気持ちになるようなことが増えているかもしれません。

    それでもその流れの中で合わせたり逆らったりしながら家づくりを進めていけるように。
    快適な家で新しい暮らしをはじめてもらえるように。

    これまでの経験を活かすところ
    今の流れに合わすところ
    これからの時代を見据えるところ

    うまくバランスを取りながら家づくりを進めていきます。

  • 上棟です

    2022.07.29

    毎日怖いぐらいの暑さが続いています。
    和歌山には熱中症警戒アラートなるものも出ています。

    そんな気温の今日棟上げをしています。

    紀州材を使った家づくりはいつも通りですが、今回は施主様の希望で使用するすべての材料を吟味したこだわりの木の家となります。

    断熱性能の計算して、UA値0.53になっております。

    気を抜くと倒れてしまいそうな暑さですが、大工さんはいつもどうりテキパキと作業しています。

    事故の無いよう無事に上棟して安全に工事を進めていけることを願っています。

  • 節電をするために

    2022.06.29

    あまりに短かった今年の梅雨。
    和歌山も昨日観測史上初の速さで梅雨明けしたようです。

    そして怖いぐらいの暑さが連日続いています。

    スタッフ鶴田です。

    まだまだ暑すぎるような日がずっと続くと思います。
    毎日ニュースで電力の供給が足らなくなる、節電をと繰り返し報道されています。
    なるべく電力消費を無駄にしないようにと色々考えます。

    家自体が断熱性能が高ければ、外の気温が建物に伝わりにくくなり、夏も冬もエアコンは必要ですが夏はすぐに涼しくなり快適さをキープできます。
    設定温度も必要以上に下げすぎずにすみます。

    それだけでも節電につながります。

    これから建てる家はできるだけ断熱性能を高めることは必須です。

    事務所はリノベーションした建物ですが、断熱性能を高くしたのですぐにエアコンがきくのを体感します。

    リフォームの際は断熱改修も併せてするのが省エネにもつながりますね。

    子育て世帯、若者夫婦世帯の新築なら家の性能をあげることで「こども未来住宅支援事業」で対象になれば最大100万円の補助金もあります。

    リフォームでも断熱改修やエコ住宅設備の設置でこども未来住宅支援事業の補助が受けられます。リフォームに関しては子育て世帯でなくても受けられます。

    当初期間は申請期限が10月31日まででしたが5ヶ月延長されています。

    和秋建設でも新築・リフォームですでに利用されています。

    家の性能をあげることで省エネになりますが急には変えられません。
    日々の暮らしを考えることで改善できることもたくさんあるはず。

    私は早起きして涼しい時間
    小さなことでも積み重ねて乗り切ることができるように暮らしていきたいです。

  • 那智勝浦に行ってきました

    2022.06.09

    スタッフ鶴田です。

    6月7日、快晴に恵まれて那智勝浦に行ってきました。

    びおハウスをはじめ、和秋建設で使う紀州材はすべてここから来ます。

    自然乾燥にこだわった木材を確保してくれている場所に行きたいと以前からずっと思っていました。

    今回、こちらに行く機会があり志願して連れて行ってもらうことができました。

    山から切り出したままの丸太から、色々な形状の木材がたくさん積み上げられています。

    山も川もすぐそばに

    これから建てる家の木も準備してくれているところでした。

    この場所から木が届くということを再確認できました。

    直接色々なお話を聞けて貴重な経験でした。
    マスクはしているとはいえ、直接同じ空間で話すことがほんとに大切だなと思う時間でした。


    ここからまた新しいことが始まるかもとワクワクしています。

  • ありがとうございました。

    2022.05.02

    完成見学会、終了しました。

    GWの始まりでお天気もよくなかったのですが、家づくりを検討中のかたに見ていただくことができました。

    快く見学会を開催させていただきお施主さまには感謝しております。

    実際にお住まいになる家なので、生活動線やこだわり、質感など伝わることがたくさんあります。

    新築なので綺麗なのは当たり前ですが、木の香り、足触り、見た目雰囲気、空間の感じ方など見てもらう以上のことはありません。

    建築資材の高騰や設備機器の供給が不安定なこと。
    家づくりおいて今まで体験したことのないことが次々と起こっている気がします。

    家づくりをお考えの方はとても悩むと思います。

    しばらく様子をみるのも、工夫をして進めていくのも
    最後に決めるのはそこに住む人です。

    補助金なども利用しながら家づくりを自分たちのタイミングで進めていけるお手伝いを続けていきます。

    こども未来住宅支援事業」の交付申請期限が延長されました。(2022年4月28日)
    条件はありますがZEH住宅、高い省エネ性能等を有する住宅では契約期限が2022年10月31日だったのが変更後は2023年3月31日まで延長されています。

    ※一定の省エネ性能を有する住宅については2022年6月30日


    (国土交通省)

    対象の世帯や性能など条件はいろいろありますが活用できれば大きいです。

    設計、建築でできること。
    いろんな情報をあつめ、工夫し知恵を絞り
    住む人が望む空間をつくるお手伝いを続けていきます。

  • 家具がはいると

    2022.04.28

    明日からの完成見学会に向けて準備を進めています。
    今回もCASAさんに家具をと雑貨をコーディネートしていただきました。

    和秋建設の木の家、すっぴんが美しいと思っています。
    でもCASAさんにお願いするとまた違った一面が見られます。

    実際に家具が入るとここで暮らしたらこんな風にとイメージが浮かんできます。

    木の質感、木の香り、木の家ならではの空間を感じてもらえるそんな見学会にしたいと思っています。

    家づくりのご相談もお気軽にお聞かせください。

    両日ともまだご案内できる時間帯がありますのでお気軽にお問い合わせください。

    電話073-463-0748
    メールはこちらから→https://www.washu-m.com/tour/

    ご希望の日時をお知らせください。

  • 床下エアコン・UA値

    2022.04.25

    現在、和歌山市で施設1軒 建築中の木の家3軒 進行中です。

    家づくりの相談が増えています。
    話をお聞きすると何とかして形にできたらと毎回強くおもいます。

    ウッドショックや建築資材の高騰のニュースなどもよく聞くようになり、家をそろそろとお考えのかたは不安になるのかなと思います。

    木の家を建てたい、国産材の木の家に住みたいと思って探してくれている方がほとんどでした。
    でも最近は性能のご質問がとても多くなりました。

     

    「ZEH」「基礎断熱」「床下エアコン」「UA値」などもしっかり勉強してくれているかたが多くて驚きます。

     

    それだけエネルギーや環境に関心をもって家づくりをと思われているかたが増えているんだなと実感します。

     

    現状、和秋建設の考えとしての基準はあります。
    快適で安心をなくしては暮らしを楽しむことはできません。

    ただそれは住む人、立地、ライフスタイル、総額の予算に合わせてそこで暮らす人のベストになるように一軒一軒しっかり考えてご提案しています。

    電気の力に頼りすぎない
    建築でできること
    を日々考えてお話しています。

    これから家づくりをとお考えのかたは不安なことも多いと思います。

    完成見学会もまだご案内できます。実際に和秋建設の木の家を見て、家づくりの想いをお聞かせください。

    ご予約・お問合せはこちらから
    https://www.washu-m.com/tour/

  • 完成見学会のお知らせ

    2022.04.23

    完成見学会のお知らせです。

    スタッフ鶴田です。

    季節の移り変わりが早すぎて何を着たらいいのか毎日悩みます。

    GWももうすぐです。

    そしてGWのはじまりの29日(金・祝)30日(土)完成見学会を開催することとなりました。

    ■自然乾燥した紀州材を大工さんが手刻み・手加工。
    ■断熱等級3
    ■UA値0.53
    ■集熱システム「びおソーラー」
    ■地震の揺れを抑える「制震ダンパー」

    和秋建設らしい、木の香りに包まれる家となりました。

    広々とした洗面スペースや収納、暮らしやすい生活動線など見どころがたくさんあります。

    床下エアコンやUA値についても関心のある方が多くなって驚いています。
    youtubeなどでたくさん勉強されているかたがとても増えています。

    実際に見て、感じてもらうとより伝わることが多いです。

    ぜひこの機会に和秋建設の家づくりを知っていただきたいです。

    完全予約制となっておりますので、ご予約・お問い合わせお待ちしております。

  • ページトップ