日々の出来事。
技術屋として気づいたこと。
建築に対する想い。

  • BOSSE ボゼ 一枚板

    2019.04.22

    海南で建築中のびおハウスの施主様と 一枚板の無垢のテーブルを一緒に探していました。

    日本の栃の一枚板  モンキーポット(日立のコマーシャルでこの木なんの木気になる木)の歌の一枚板

    杉の一枚板等いろいろ見た中で 幅が900mmどうしても取りたい希望と紀州材の床の相性などを

    考えて今回 BOSSE ボセの一枚板に決まりました。

    ダイニングテーブルなので 家族がみんな座れ お鍋等もできるように 2000の長さ900の幅を

    とれる条件と値段なども加味して選んでいただきました。

    ボセ という名はフランス語で「瘤こぶ」という意味を持っています。熱帯の過酷な環境下で瘤杢という意匠性の

    高い杢が出ることに由来しているそうです

    また 淡い桃色を持つことから アフリカンチェリーとも呼ばれています。

    樹高は30m~50mくらいに 直径は1.2m程度になるそうです

    アフリカ大陸の厳しい環境で生き抜いてきた力強さが感じられると思います。

    家の完成に合わせてこれから制作にかかっていきます。

    完成後 施主様家族と一緒に新しい家になじんでもらえたらと思っています。

    きれいな杢がでできてくれそうです。

     

  • 葭始生

    2019.04.20

    第16候 穀雨 葭始生 あしはじめてしょうず

    桜から新緑にかわりいつもの風景もワントーン明るくなった気がします。

    毎年恒例のセリ採りに行きました。田んぼに生えてる田ぜりを田んぼに水を入れる前に。

     

    母が用意してくれた山菜づくし。


    食材全てが野山のもの。
    買ったものはないそうです。

    自然ってすごいと改めて確認しながら美味しくいただきました。

  • 初めての場所で

    2019.04.15

    昨日、小さな紀州材フェアを有田川町アレックで開催させてもらいました。
    木の家をつくる会では初めての場所。

    小雨のお天気でしたが、木をたくさん使った開放的な場所でゆったりとした気持ちになりました。

    懐かしい人にもばったり会えたりであたたかい気持ちになりました。

    お天気がよかったら外も気持ちがいいはず。
    景色も素敵です。

    次回は、5月18日(土)、19日(日)イオンモールりんくう泉南です。

  • 海南の現場 びおハウスH

    2019.04.07

    海南で着工しているびおハウスHの現場ですが、

    基礎の鉄筋が組みあり、施主様も来てくれるようになったので 本日説明にいって現場案内しました。

    なぜ前面に捨てコンクリート打つのか(外周回りだけのところが多いですが)

    どんな思想で鉄筋を組んでいるのか、土間下に熱を蓄熱するために断熱材を

    敷き詰めていることの意味、立ち上がりも含めた一体にコンクリートを打設する

    ことなどお話させていただきました。

    明日瑕疵担保の保険の検査後 型枠工事に入っていくことも説明しました

    棟上げの予定も5月18日大安 でいくことを確認しました

    今週から 自然乾燥された 紀州熊野材も加工場に入ってきて

    乾棟梁の墨付け 手刻みの加工も始まります

    北海道で作っている 木の繊維の断熱材も 5月14日のJRのコンテナ便で納入される

    連絡も入っています。

    5月の末位に 構造んぼ見学会を開催予定なので

    ホームページに今後アップするので 耐震等級3の骨組みの仕組み

    断熱等級4で 外皮性能 UA値0,51まで高めている仕組みなど

    実際見てもらえる機会も作ろうと思っていますので

    興味のある人は来ていただければと思っています。

    上棟に向けて頑張ります。

    施主様ご夫婦現場案内してきました。

     

  • びおハウスHのサイトができました

    2019.04.01

    びおハウスHのwebサイトができました。

    トップページ

    びおハウスHは、全国どこでも同じものを建てる「規格住宅」ではなく、世界でオンリーワンを高コストで実現する「注文住宅」でもなく、それぞれの良いところ取りを可能にした、建築家と工務店がタッグを組んで生み出される住宅です。

    町の工務店がネットワークを組んでそれぞれの地域に合わせた工夫をしています。

    和秋建設も2つの施工例を載せています。紀州材を使った和歌山のびおハウスです。


    和み小町 布施屋


    有本の家

    先日の表彰式も掲載してもらっています。

    びおハウスHがどんな家なのか
    どんなコンセプトなのか

    びおハウスHをもっと広く知ってもらうことができたらうれしいです。

    和秋建設のHPにも近いうちにリンクを貼れるようにします。

  • 施工集UPしました

    2019.04.01

    泉南市樽井のイッセイ心臓内科クリニックを施工させていただきました。


    明るく開放的な雰囲気の病院となりました。
    4月1日、本日OPENです。

    イッセイ心臓内科クリニック

  • びおハウスH 着工です

    2019.03.28

    以前から打ち合わせしていた和歌山県 海南市の現場ですが びおハウスHで本日着工しました。

    まずは 基礎の掘方から入っていきます  地盤面が高いので少し鋤取りながらの仕事になります。

    並行して 外構のブロックのベース基礎も進めてやっていこうと思っています。

    今回の海南の現場のびおハウスHですが 私の会社が加盟している町の工務店ネットで

    設計の半田さんが地域の工務店と連携し、協同・協働しようではないか、と動き出した

    プロジェクトです。 地元の木材を使い 機械に頼らずで 建築でできるだけのことを

    やり、太陽のエネルギーをの力も借りながら 季節の中間期ができるだけ長くなるように

    工夫して 自然室温で暮らせる家を目指したものです。

    和歌山市内では現在2件完成して 快適に住んでいただいていますが今回は海南での仕事になります。

    8月下旬の完成に向けて頑張っていこうと思います。

     

  • 親の責任 

    2019.03.22

    本日は仕事の話ではないのですが、長男が本日大学を無事卒業しました。

    4年間 家から通学して通ってくれました。

    在学中に宅建の資格もスキルアップのためにとってきたりもしてました。

    普通高校の文系からの進学だったので理系の建築学科で4年大変だったと思います。

    また来月からは 就職して働き始めます 社会人一年生です。

    自分の行きたいところにチャレンジして目標にしていたところに就職することができたので、

    親としてほっとしています。たまたま姉と同じ会社になりましたが

    姉も3年前に就職して やっと子供二人働きだします。

    二人大学に行かせるのは お金の面も含め大変苦労しましたが

    無事卒業でき 親としての責任を果たせたように思いホットしています

    これからは自分自身で社会に出ていろんな問題や悩みに当たると思いますが

    頑張ってほしいと願っています。

    今日はお祝いのお酒を飲もうと思います。

     

  • イベント終了しました

    2019.03.18

    イオンモール和歌山での小さな紀州材フェア終了しました。

    木の家に関心をもって足を止めてくれる人も多くてうれしいです。

    4月は初めての場所、有田川町の図書館アレックにお邪魔する予定です。

    アレックも木がいっぱいの素敵な図書館なのでとても楽しみです。

  • 新家の現場 足場撤去に向けて

    2019.03.14

    泉南市新家で建築中の現場ですが、来週の足場解体に向けて外壁の吹付工事が今週の初めから始まっています。

    明日終わる予定なので設備関係の足場の取り合い部分を終了させて

    板金工事で金物はつけているので 軒樋と竪樋と終わらせて

    いったん外部の美装工事を完了させて 来週の半ばに足場の解体を迎える

    段取りをしています。

    雨仕舞い、コーキングなどの確認のため週末には足場に上がって最終チェックするつもりです。

    また屋根の上にのっている太陽の集熱パネルの最終の雨仕舞いも完了して足場解体のカウントダウンが始まっています。

    内部も貴志棟梁が頑張って進めてくれています

    今回一階のフローリングはオークの厚み20mmで幅が160mmある

    フローリングを使っています。一階回りがすべてこのフローリングなので重厚感のある仕上がりになります。

    内装のボード張りも進んでいます。

    また内部のびおソーラーの配管も完了しています。

    仕上げ工事もこれから佳境に入ってきます。

     

     

     

     

  • ページトップ