ブログ

担当者の転勤

和歌山や南大阪で地産地消の家、

大工さんの手刻みで建てる木の家、

設備に頼らない、建築でできることを

考えて、信念をもって家づくりを

おこなっている、和秋建設の前田です。

 

桜が咲く季節

この時期 いろんな会社で 移動や転勤が行われるのは

いつものことですが

 

金融機関の中で 地元の地銀さんや信用金庫さんの移動が行われても

和歌山から出ていく事が少ないですし

違う支店に行っても 連絡を取れば

和歌山市内であればいつでも会えますが

 

今回 取引している商工中金さんの担当者さんから

連絡があり、移動になるという事を直接会って

お礼も言いたいとのことだったので

本日 あって話させて頂きました

 

2年ほど担当をしてもらいました

よく相談にものってもらい

資金繰りも助けてもらいました

 

この担当者の時代に 当座貸越枠も作って

もらえたので

私自身も金融機関の担当者の中では

心に残る人だと思っていました

 

寂しくはなりますが

今回転勤する場所が東京だという事で

田舎者の私にとっては

和歌山から東京に行くなんて

栄転になるねなど話をさせてもらい

違う場所でも一生懸命頑張ってと話をさせて

もらいました。

 

新しい引き継ぐ担当者も来ていて

私の会社のことは

きっちり引き継いでくれていたので

安心しました。

 

金融機関と言っても

担当者によってさまざま対応が違います

 

良い担当者に恵まれることも

会社の成長にとっては大切な事です。

 

自分の息子と同じくらいの人でしたが

良くできる人で

東京でも頑張れると私は

思って本日会社から送り出しました

 

心の中で頑張れと

エールを送って見送った前田なのでした。

 

 

 

 

代表取締役 前田 純
株式会社和秋建設前田 純(まえだ ひとし)

昭和39年5月29日生まれ

一級建築士
一級施工管理技士
宅地建物取引士

和歌山県和歌山市生まれ

地産地消の考えのもと全国に誇れる資源の紀州材を環境に優しい自然乾燥で大工さんの手刻みにこだわり、家の中の空気がおいしいなと思える家づくりを行っています。

最近のブログ記事

会って話ができることは勉強になります。
会って話ができることは勉強になります。
型ができている家づくり
型ができている家づくり
昔は賑やかだったのに
昔は賑やかだったのに
令和6年度建築物木造木質化支援事業
令和6年度建築物木造木質化支援事業
施主様に元気もらいました
施主様に元気もらいました