ブログ

事業継承について

和歌山や南大阪で地産地消の家、

大工さんの手刻みで建てる木の家、

設備に頼らない、建築でできることを

考えて、信念をもって家づくりを

おこなっている、和秋建設の前田です。

 

本日の和歌山の天気は曇りです

昼からは少し雨マークがついています

気温は14℃くらいです

昨日のニュースであと1週間くらいで

桜が咲き始めるニュースも流れていました。

 

本日の話は 事業継承の話になります。

建築資材の高騰  人材不足 など建設業を取り巻く

環境は年々厳しくなっています

 

2017年の東京商工リサーチの「全国社長の年齢調査」によると

建設業の社長の平均年齢は60.49歳と高齢化しています。

また、全業種で70歳以上の社長は26.18%も存在します。

 

私も今年の5月で60歳になります

元気な間は仕事を続けていきたいと思っていますが

建設業界では、7割以上の企業が「後継者がいない」と答えていて、

全業種平均より5%以上高くなっているみたいですが。

 

後継者がいないと廃業するかM&Aなどを考えないといけません

会社の内容が良ければM&Aもできますが

今後10年位で私たちの建設業界も大きく変わって

行くのではないかと思っています。

 

和秋建設では 今年の4月から私の息子が

会社に入社します

建築の大学を卒業して

他の会社に行っていましたが

色んな話がありましたが

自分で頑張ってやってみたいという

話をもらったので

自分がしてきた苦労はわかっている

つもりなので 大変だけどやりがいのある

業界だよと話もさせて頂きました。

2代目は普通にやっていても

厳しい目で見られがちになります。

本人には言わないですが (ぼんくら息子)など

かげでいわれる場合もあります。

覚悟がないといけません。

 

世間では後継者問題が大きくクローズアップされている

中で この問題については心配しなくて良くなった

ことに関しては

安堵の気持ちで

いっぱいな前田なのでした。

 

とりあえず70歳まで頑張ろう!

代表取締役 前田 純
株式会社和秋建設前田 純(まえだ ひとし)

昭和39年5月29日生まれ

一級建築士
一級施工管理技士
宅地建物取引士

和歌山県和歌山市生まれ

地産地消の考えのもと全国に誇れる資源の紀州材を環境に優しい自然乾燥で大工さんの手刻みにこだわり、家の中の空気がおいしいなと思える家づくりを行っています。

最近のブログ記事

会って話ができることは勉強になります。
会って話ができることは勉強になります。
型ができている家づくり
型ができている家づくり
昔は賑やかだったのに
昔は賑やかだったのに
令和6年度建築物木造木質化支援事業
令和6年度建築物木造木質化支援事業
施主様に元気もらいました
施主様に元気もらいました