ブログ

11年目が終わります

和歌山や南大阪で地産地消の家、

大工さんの手刻みで建てる木の家、

設備に頼らない、建築でできることを

考えて、信念をもって家づくりを

おこなっている、和秋建設の前田です。

 

本日で2月が終わります

和秋建設の決算月は2月です

会社を起こして11年目が終わります

 

ここ数年 コロナ禍の中 材料の高騰 人手不足

ウッドショック 働き方改革 00融資問題 後継者問題等々

 

建設を取り巻く問題は多岐にわたり

経営という観念で見ると

平坦な道のりではなかったように感じています

 

会社のスタッフ一同一緒に頑張ってくれて

生産性をどのように上げていくか

みんなで考え取り組んでいます

 

コロナ禍の中なかなか売り上げもUPするのは

難しい中

ここ数年は微増ですが売り上げも伸びています

いつか頭打ちになるのだろうと考えています。

 

30代の若い社員も2人います

4月からは20代の現場監督見習いも入社する予定です

 

若い人達には、会社に頑張って残ってもらい

和秋建設がずっと続けられることが

一番大切だと思っています

 

後継問題もクリアーになりそうなので

今まで以上に仕事に邁進しようと考えています。

 

昼から 有田市の伊藤農園のカフェ工事の

引渡しに行ってきました

庭工事や外構工事も少し残っていますが

建物本体は完成して

本日無事引渡しができました

 

既存の建物のデッキの上に

すだれを取付させていただきました

 

京都から取り寄せました

4月13日からオープン予定になります

 

残りの仕事も天気を見ながら進めていかないと

考えています。

 

またこれから本日 スタッフの皆さんと

11期が終わってのお疲れさん会を行う予定です

明日からは新しい12期に入っていきます

 

新しいことにもチャレンジしながら

新しい期を乗り越えていこうと

考えている前田なのでした

 

 

 

 

代表取締役 前田 純
株式会社和秋建設前田 純(まえだ ひとし)

昭和39年5月29日生まれ

一級建築士
一級施工管理技士
宅地建物取引士

和歌山県和歌山市生まれ

地産地消の考えのもと全国に誇れる資源の紀州材を環境に優しい自然乾燥で大工さんの手刻みにこだわり、家の中の空気がおいしいなと思える家づくりを行っています。

最近のブログ記事

型ができている家づくり
型ができている家づくり
昔は賑やかだったのに
昔は賑やかだったのに
令和6年度建築物木造木質化支援事業
令和6年度建築物木造木質化支援事業
施主様に元気もらいました
施主様に元気もらいました
健康診断
健康診断