ブログ

神前の家 棟上げに向けて

和歌山や南大阪で地産地消の家、

大工さんの手刻みで建てる木の家、

設備に頼らない、建築でできることを

考えて、信念をもって家づくりを

おこなっている、和秋建設の前田です。

 

本日の和歌山 天気が回復して

良く晴れています

 

神前の家の基礎工事も本格的に進んでいます

来月末の棟上げに向けて

 

現場でも 木材の加工場でも

動き始めています

本日外周回りの捨てコンを打設しました

明日スラブ下の捨てコンを打設して

墨出しを行い鉄筋工事に入っていきます

 

加工場で構造材の自然乾燥された紀州材は入ってきています

大工の貴志棟梁が 墨付けを始めています

 

図面から大工さんは看板板を書いて

墨付けの間はこの看板板を見ながら行います

 

同じく 有本の新築の事務所の木材も納品されています

そちらは乾棟梁が今週末から墨付けに入ります

 

同時に加工場で2件 手刻みが始まることは

大工さん達は 大変だと思いますが

加工場が賑やかになることは

建築屋としては有難いことだと感じています。

 

やはり 地元の木材を使って

同じ地域で建てることは

昔は当たり前でしたが

今はほとんど 外国の木材を使って

プレカットしている場合がほとんどです。

 

特に和歌山では たくさんの杉 桧があります

構造材で言うと私は日本一の材だと思っています

 

自分が信じて 良いものを使い 建てる

当たり前のことを

やり続けるしか

出来ない 建築バカな前田なのでした。

 

棟上げに向けて頑張って進めていきます。

 

 

 

代表取締役 前田 純
株式会社和秋建設前田 純(まえだ ひとし)

昭和39年5月29日生まれ

一級建築士
一級施工管理技士
宅地建物取引士

和歌山県和歌山市生まれ

地産地消の考えのもと全国に誇れる資源の紀州材を環境に優しい自然乾燥で大工さんの手刻みにこだわり、家の中の空気がおいしいなと思える家づくりを行っています。

最近のブログ記事

久しぶりに休みました
久しぶりに休みました
前に動き出す
前に動き出す
母親が亡くなりました
母親が亡くなりました
広川町に行ってきました
広川町に行ってきました
プレゼン資料作っています
プレゼン資料作っています