ブログ

景気はいいのですか?

和歌山や南大阪で地産地消の家、

大工さんの手刻みで建てる木の家、

設備に頼らない、建築でできることを

考えて、信念をもって家づくりを

おこなっている、和秋建設の前田です。

 

天気が雨模様になってきている

和歌山です。

少し雨も降り始めています

日曜日ですが

神前の家の施主様と 家の仕様について

打合せしています。

 

今週中には 加工場に 自然乾燥された紀州材が

加工場に入ってきて

大工の貴志棟梁が 墨付けして手刻みを

開始してくれる段取りになっています。

 

また5月の10日に加盟している

和歌山木工センター協同組合の 第62回

通常総会があったので

ダイワロイネットに行って参加してきました

 

同組合は1962年に中小企業近代化資金助成法による県下第一号の指定団地として誕生した。

同市を中心とする建具製造業者が共同作業を行い、工場の近代化を図ろうと集結。

現在は32社が業界の活性化に取り組み、全国でも有数の地場産業として発展を続けている。

 

そんな組合に加盟して 木工センター内で

地元の自然乾燥された紀州材を

大工さんに手刻みしてもらいながらやっています。

現在の組合員の数は32社になります

木工の仕事を中心に 様々な中小企業が集まり

組合員全員が力を集結して

相互の連帯をますます深めることにより

難局を乗り切ることがより一層重要と考える

令和6年度の事業計画の方針も発表されました

 

来賓の皆さんのあいさつの中で

景気も上向いてきている

賃金も上がり 大手企業の利益も

過去最高になっていると話をされていましたが

 

組合員の人たちと話していると

景気が良くなってきている

実感がないとも話していました

景気が良くなってきている?

疑問に感じます。

 

本当に景気は良くなっているのか

また今後良くなっていくのかは

私自身はよくわかりませんが

 

人手不足 住宅の着工件数の減少

2024年問題を抱える

中小企業が多い組合の皆さんも

私含め大変な時代に突入していると

考えてしまいました。

 

いろんな情報や 組合に加盟して

連携しながら

歴史ある組合とともに

発展できればと考えている

前田 なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代表取締役 前田 純
株式会社和秋建設前田 純(まえだ ひとし)

昭和39年5月29日生まれ

一級建築士
一級施工管理技士
宅地建物取引士

和歌山県和歌山市生まれ

地産地消の考えのもと全国に誇れる資源の紀州材を環境に優しい自然乾燥で大工さんの手刻みにこだわり、家の中の空気がおいしいなと思える家づくりを行っています。

最近のブログ記事

久しぶりに休みました
久しぶりに休みました
前に動き出す
前に動き出す
母親が亡くなりました
母親が亡くなりました
広川町に行ってきました
広川町に行ってきました
プレゼン資料作っています
プレゼン資料作っています