ブログ

令和6年度建築物木造木質化支援事業

和歌山や南大阪で地産地消の家、

大工さんの手刻みで建てる木の家、

設備に頼らない、建築でできることを

考えて、信念をもって家づくりを

おこなっている、和秋建設の前田です。

 

今年度4月から和歌山県の新しい支援事業が始まりました

令和6年度建築物木造木質化支援事業という事業です

今までは住宅には県産材の紀州材を使うと

補助金が20万円出してもらうことができましたが

非住宅には出ることはなかったのですが

 

今年度からは非住宅にも適応されることになりました

構造材及び内装材にも適応され

構造材は5㎥以上使わないといけませんが

木材費の約半分くらい支援してもらうことができます。

 

いつも紀州材を使っている

和秋建設としては

非住宅にも紀州材を広める

チャンスだと考えています。

和秋建設の加工場の休憩所の内装です

紀州材を取りいれることは

環境問題や地場産業の普及にも寄与するものだと

考えています。

非住宅にももっと使ってもらえる

起爆剤になればと願っています。

 

現状 非住宅の建物や店舗の案件もありますので

積極的に活用して

施主様にもメリットがありますので

アピールしていきたいと考えています。

 

多分予算がなくなり次第終了するので

出来るだけ早く頂けるものは

適正に申請して

活用したいと考えている

前田なのでした。

 

 

 

 

代表取締役 前田 純
株式会社和秋建設前田 純(まえだ ひとし)

昭和39年5月29日生まれ

一級建築士
一級施工管理技士
宅地建物取引士

和歌山県和歌山市生まれ

地産地消の考えのもと全国に誇れる資源の紀州材を環境に優しい自然乾燥で大工さんの手刻みにこだわり、家の中の空気がおいしいなと思える家づくりを行っています。

最近のブログ記事

久しぶりに休みました
久しぶりに休みました
前に動き出す
前に動き出す
母親が亡くなりました
母親が亡くなりました
広川町に行ってきました
広川町に行ってきました
プレゼン資料作っています
プレゼン資料作っています