ブログ

びおソーラー設置しました

和歌山や南大阪で地産地消の家、

大工さんの手刻みで建てる木の家、

設備に頼らない、建築でできることを

考えて、信念をもって家づくりを

おこなっている、和秋建設の前田です。

 

少し寒い日が続きます

昨日海南の家の屋根にびおソーラーを設置しました

 

今までに和秋建設では 約20棟くらいの建物に

このびおソーラーを設置してきました

びおソーラーをセットしてから

屋根葺き工事に入っていきます

パネルは現場に応じて

横型のパネルか縦型のパネルを設置します

家の大きさによって枚数も変わってきます

 

今回の海南の家は縦型パネル6枚設置しています。

自然室温で暮らせるアイテムびおソーラーです。

 

本日の和歌山 午後一時現在外気温は8℃になっています

会社のびおソーラーの配管内部 38℃の温められた空気が

床下に一時間当たり300㎥の新鮮な空気が

建物の床下から室内に入ってきます。

会社に来ていただくと冬場晴れた日に

手を差し込むと皆さんびっくりされます

 

室内温度は1階で23℃ 2階で25になっています

もちろん暖房は入れてないですが

 

エネルギー価格が高騰の中

太陽エネルギーの偉大さを思い知ります

これだけの空気を化石燃料を焚いて

作ろうと思えば光熱費もかさんできますが

 

びおソーラーは太陽熱を利用するので

空気を温めるコストは

かかりません

床下に空気を送るシロッコファンの電気代のみになります

 

新鮮な空地が大量に入ってくることは

室内環境の換気の面からも

室内に暮らす人たちの為にもいいことだと思っています

 

もちろんCO2も出ませんので

環境にも優しいアイテムになります

 

難点は 曇っている日と雨の日は動いてくれないことです

べた基礎のベースコンクリート部分が蓄熱槽になりますので

使っていく中で蓄熱され家の

温度がある程度保たれているのは

すごいことだと感じています

 

爆発的に普及はしないかもしれないですが

私自身良いものだと思って

お客様には自信を持って勧めている

前田なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代表取締役 前田 純
株式会社和秋建設前田 純(まえだ ひとし)

昭和39年5月29日生まれ

一級建築士
一級施工管理技士
宅地建物取引士

和歌山県和歌山市生まれ

地産地消の考えのもと全国に誇れる資源の紀州材を環境に優しい自然乾燥で大工さんの手刻みにこだわり、家の中の空気がおいしいなと思える家づくりを行っています。

最近のブログ記事

会って話ができることは勉強になります。
会って話ができることは勉強になります。
型ができている家づくり
型ができている家づくり
昔は賑やかだったのに
昔は賑やかだったのに
令和6年度建築物木造木質化支援事業
令和6年度建築物木造木質化支援事業
施主様に元気もらいました
施主様に元気もらいました