ブログ

30年の時を経て

和歌山や南大阪で地産地消の家、

大工さんの手刻みで建てる木の家、

設備に頼らない、建築でできることを

考えて、信念をもって家づくりを

おこなっている、和秋建設の前田です。

 

プライベートの話になりますが

やっと頼んでいた車が納車されました

 

車の名前は スバル アールシオーネSVXという車になります

年式で言うと 1994年製になるので

30年前の車になります

 

建築の世界で言うと 日本の家の平均寿命は約30年なので

家で言うと古民家? 車で言うとネオクラッシクカーというカテゴリーに

なるみたいです

 

30年経っても デザインのすばらしさは現在でも色あせるとは思いません

バブルの時に作られた車なので

お金をかけて開発されていると思うところも

現在乗ってもひしひしと伝わってきます

 

作りての想いが30年の時を経ても

感じられることは素晴らしいことだと思います

 

当時 この車だけに専用設計された水平対向の6気筒のエンジン

フルタイム4WDと相まって

高速道路を走ると 現在でも安定走行性能は十分通用すると思えるくらい

どっしりと安定して走行できます。

 

私も技術屋なので

家造りも 30年経っても そんなに思ってもらえるような

家造りをおこなっていきたいと感じました

 

よく使われる新建材を使った家では

古美ることはないと感じます

 

その時の作り手の想い 手仕事 手間暇かけて作ることが

時を経ても色あせないものになるのではと感じたりしました

 

デザインも 切妻の軒が出た建物が

一番カッコいいと思えるようになってきました

 

30年前の車に乗って

家とだぶらして考えるのは無理がありますが

 

作り手の情熱が 感じられることは

必ず後世に残ると感じています

 

紀州材の自然乾燥材を使って 大工さんの手刻みにこだわる

30年前のスバルの技術屋の想いが

感じられるように

そんな家をたたて残していくのも

私の仕事だと

車を走らせながら感じた前田なのでした。

 

 

 

 

 

代表取締役 前田 純
株式会社和秋建設前田 純(まえだ ひとし)

昭和39年5月29日生まれ

一級建築士
一級施工管理技士
宅地建物取引士

和歌山県和歌山市生まれ

地産地消の考えのもと全国に誇れる資源の紀州材を環境に優しい自然乾燥で大工さんの手刻みにこだわり、家の中の空気がおいしいなと思える家づくりを行っています。

最近のブログ記事

ボーナス支給
ボーナス支給
軒と子庇
軒と子庇
基礎工事内製化
基礎工事内製化
地球温暖化
地球温暖化
びおソーラー改め陽のまど
びおソーラー改め陽のまど