ブログ

絶滅危惧種でもいいです

和歌山や南大阪で地産地消の家、

大工さんの手刻みで建てる木の家、

設備に頼らない、建築でできることを

考えて、信念をもって家づくりを

おこなっている、和秋建設の前田です。

 

先週出張に行っていましたが

最終日浜松の工務店さん所にお邪魔させて

頂きいろんな話を聞かせてもらいました。

 

お邪魔させ頂いた工務店は

浜松にある有限会社 番匠さんです。

 

江戸末期に創業して

現在の社長は7代目になる

歴史ある工務店さんになります。

 

地元の材の天竜材の自然乾燥された木材を使って

大工さんの手刻みで家づくりを行っています

自社で加工場も持っています

当日大工さんが墨付けを行っていました

自然乾燥された木材を使い大工さんの手刻みのこだわる

今後益々 減って行くだろうけど

誰かがこの仕事を残して継承していかないと

いけないとも大工さんが話をしてくれていました

 

和秋建設も同じく地元の自然乾燥された木材を

自社の加工場で大工さんに墨付けして手刻みしています。

 

まだそんなことしているのか

なだよく言われますが 番匠さんの社長と

私たちある意味工務店の中の絶滅危惧種ですねとも

お話しました。

 

手間暇もかかります

自社で加工場を用意するのも費用がかかります。

自然乾燥材なので信頼関係を構築している製材所と

お付き合いしていないと良い材が入ってきません

 

全国で 地域地域で 地元の材を使い

職人さんの手仕事にこだわり

地産地消で地元の経済をまわしていく

小さな工務店から大量生産型の家造りでは

出来ないことをやっていく仲間がいることは

 

嬉しく思い 力を頂くことができました。

 

まだこんなことをやっているのか

など言われることはありますが

昔はこうして 近くの山の木を使い

建てていたのが日本の家造りになります。

 

そんなことをやっている工務店は減ってますが

私は私が健在なうちは

この思想を守っていかないと

思っています。

 

帰りに静岡県で有名なハンバーグを食べに

さわやかに行ってきました

昼前に入店しましたが

一時間待ちになっていました

地元の人に聞くと

2時間、3時間待ちはよくあることで

一時間であれば空いているほうだよと

聞きました

塩と胡椒をふりかけ

さわやかのハンバーグ堪能してきました

 

次回浜松に行く事があれば

また番匠さん所にお邪魔して

さわやかでハンバーグを食べようと考えています

 

番匠の社長様 ありがとうございました

手刻みしていく力を頂いたことに

感謝しています。

 

 

 

 

 

 

代表取締役 前田 純
株式会社和秋建設前田 純(まえだ ひとし)

昭和39年5月29日生まれ

一級建築士
一級施工管理技士
宅地建物取引士

和歌山県和歌山市生まれ

地産地消の考えのもと全国に誇れる資源の紀州材を環境に優しい自然乾燥で大工さんの手刻みにこだわり、家の中の空気がおいしいなと思える家づくりを行っています。

最近のブログ記事

久しぶりに休みました
久しぶりに休みました
前に動き出す
前に動き出す
母親が亡くなりました
母親が亡くなりました
広川町に行ってきました
広川町に行ってきました
プレゼン資料作っています
プレゼン資料作っています