ブログ

工務店としてスタディする

和歌山や南大阪で地産地消の家、

大工さんの手刻みで建てる木の家、

設備に頼らない、建築でできることを

考えて、信念をもって家づくりを

おこなっている、和秋建設の前田です。

 

町の工務店ネットの運営委員をしている関係で

静岡県掛川市に行って 浜松に寄り本日会社に戻ってきました

 

運営委員の皆様と町工の事務局の方々と

色んな話ができて良かったと思っています

 

建設業界が厳しい中

地域地域で工務店としてスタディをやりながら

スタイルを確立しているところは

厳しいながらも安定した受注をとれていることが

わかりました

 

鹿児島のシンケンさんなどが有名ですが

また地域のかぶらない同じ工務店の仲間と

本音で話あえるのも

新しい気づきを感じ取れることに

つながるような気がします。

 

運営委員をしていることもあり

会員さんの代表としての責任感持たないといけないとも

感じています

 

自分の会社 和秋建設が少しでも

皆さんの模範となれるような

会社にならなければと

改めて今回感じました

 

往復 711.7キロの走行距離になりました

プリウスPHVの燃費の良さを改めて実感できた旅でした

会社を出る時の 充電が満タンだったので

始めの50キロくらいは電気モードで走って

往復でリッター33.3キロの燃費になっています

本日帰って来た燃費ですが

全てハイブリッドモードになります

帰りはリッター31,7キロになっています

 

帰り道 和秋建設の スタディとは何か

考えながらどのように勉強してスタイルを確立していくか

考えながら帰ってきました。

 

この歳になっても勉強していかなければなりません

和秋スタイルとはどういうものなのか

ひとつひとつ性能的なことはもちろん

デザインやスタイル

家の材料の質など

スタディしながら確立していく一年に

しなくてはと考えながら

和歌山に戻ってきた前田なのでした。

 

代表取締役 前田 純
株式会社和秋建設前田 純(まえだ ひとし)

昭和39年5月29日生まれ

一級建築士
一級施工管理技士
宅地建物取引士

和歌山県和歌山市生まれ

地産地消の考えのもと全国に誇れる資源の紀州材を環境に優しい自然乾燥で大工さんの手刻みにこだわり、家の中の空気がおいしいなと思える家づくりを行っています。

最近のブログ記事

できっこないをやらなくちゃ
できっこないをやらなくちゃ
出会いがあるって素晴らしい
出会いがあるって素晴らしい
材料確認してきました
材料確認してきました
11年目が終わります
11年目が終わります
養生が取れれば表情が変わる
養生が取れれば表情が変わる