ブログ

びおソーラー打ち合わせ

びおソーラーの打ち合わせに 手の物語の方からはるばる来ていただきました。

いつも電話で話をしている松原さんたちが  びおソーラーの配達を兼ねて

浜松から香川~高知~徳島 フェリーに乗って和歌山入りしてくれました

堺の現場のびおソーラーの発注  泉南の現場の収まりの打ち合わせを

済ませ 夕方に浜松に向けて出発していきました。

四国に配達があったので今回の車は軽トラックで来てくれていました

スバル サンバーの軽トラック シートは赤帽仕様らしいです。

色は青でよく目立ちます。ミッション車で これから帰る 和歌山からでも

300キロ以上走らないといけないと言っていました

太陽の集熱パネル びおソーラーですが 年々少しづつ普及もしてきている

感じです。爆発的にヒットするものでもないと思いますが

一度使うと ファンが増えて何回も使ってくれると話をしていました。

私自身も2回設置させてもらい これからかかる現場も3件設置予定で進んでいます。

一緒に作りあげていく中に びおソーラーがあり 松原さんたちの力も借りながら

もう少し和歌山で 普及できるように頑張ろうと 訪問していただき改めて思った次第です。

浜松ナンバーのサンバーの軽トラックです。

有意義な打ち合わせができました