ブログ

大工さんの力

コロナの影響下の中、少しずつ経済活動も動き始めました。

ショールーム関係もほぼ予約制ではありますが動くようになってきました。

リフォームの現場では止まったり 中止の現場がありましたが

新築の現場は何とか動いて進んでいます。

上棟を経て 造作材の加工や内装の仕事で大工の棟梁には苦労かけています

当社では2組の棟梁で仕事を順番に進めてもらっています。

貴志棟梁 乾棟梁 どちらも一緒に仕事をしてきて

一緒に自然乾燥された紀州材を 手加工して建築しています。

手仕事の多い現場でも 材料を見分けながら ピリッと光る仕事をしてくれているので

いつも信頼して仕事をしてもらっています。

昔と違い 加工もプレカットが大半の中で 木材の特徴を生かし チームワークよく

現場を前に進めてくれています。

WITH コロナの中 家に対する考え方も変わってくるように思います。

時間をかけて作っていく仕事には写真では伝わり切れない

大工さんの力と思いが宿っているように思います。

化粧垂木と化粧野地がきれいです 庇が出ている家は特に

階段の刻みながら 掛けていきます。