日々の出来事。
技術屋として気づいたこと。
建築に対する想い。

  • びおハウスH 最後の見学会

    2018.04.20

    1月から公開していました和秋建設初めてのモデルハウス「びおハウスH」

    足を運んでいただいた方にはご好評いただきました。

    断熱性能・耐震性能・紀州材をはじめとした自然素材を使った家の良さを私たちも再確認できました。

     

    公開中は中之島のインテリアショップCASAさんで雑貨類を入れていただいていたのですが、このイベントに合わせて
    新しく家具等も入れていただくことにしました。

    一度見ていただいた方にも再度新鮮に見てもらえるのではと思っています。

    ぜひ、21日・22日 10時から16時
    ご予約なしで見ていただけますので、お気軽にお越しください。

     

     

  • 西庄の家 写真届きました

    2018.04.15

    西庄の家 引き渡し前に カメラマンの長岡さんに

    写真撮影してもらいました。

    いち早く 写真のデーター送ってもらいました

    設計の瀧川建築デザイン事務所の設計らしく 今回はタイルをふんだんに

    使っています。

    外観 夜景 の撮影後アルバムも作成して 施主様に届けようと

    思っています。

    家電収納バックモザイクタイル貼っています

    洗面の立ち上がりもさりげなくタイルを貼っています

    便所 アクセントに一面タイル貼っています

    もともとあった古いデザインの型ガラスを

    再利用しています

    天然の絞り丸太と 幕板には無垢の桐を使っています

     

  • 有本の家 びおハウスH進捗

    2018.04.13

    和歌山市 有本で着工している現場ですが 順調に進んでいます

    基礎掘削から進めていき  砕石を敷き詰め転圧したうえに

    防湿シートを敷きます。下から湿気が上がってくるのを抑えるために

    入れます。300mm重ねて 布製のガムテープで止めます

    その上から 全面に 墨出しをするための捨てコンクリートを打設します

    そのあと鉄筋になるのですが 今回の有本の家はビオハウスHという建物なので

    基礎断熱をして 床下の基礎のコンクリートにびおソーラーの熱を蓄熱させるために

    基礎ベースの下にも断熱材を入れるようにしています

    地中梁も入れ 立ち上がりは外周だけで コンクリートはベース、立ち上がり共

    一発で打つように考えています。

    シロアリに対するために 床下も部屋の考え方なので 薬剤を使わないで

    jotoのメーカーの基礎断熱工法で施工するように考えています

    冬場のびおハウスHの性能の高さは 期間限定のモデルハウスで私自身も体感しているので

    今回は 夏の一番暑い時のびおハウスHはどれくらいの力を発揮するのか

    楽しみにしています。

    布施屋の期間限定のモデルも今月の22日で終了しますが

    有本の家は 構造見学会やびおソーラーの見学会また完成見学会

    夏の夜のびおソーラーの体感会など予定しています

    4本立っているパイプは 水抜きのパイプになります

    シロアリが下から上がってこないようなシステムになっています。

    防湿シートは300mm重ねて施工します

    前面に捨てコンクリートを打設します

    断熱材敷き完了です 空いている間は地中梁が入ります

     

     

     

     

  • 駿河町の現場進行状況

    2018.04.10

    駿河町の現場(ぼへみあんさん)足場撤去しました。

    ここから最後の追い込みです。

    完成に向けて頑張っていきます。

  • 有本の家 着工です

    2018.04.07

    前々から 予定していた 和歌山市有本で建築予定のあった

    有本の家いよいよ着工です。

    地盤調査の時は 地面が見えていましたが

    春になって 暖かくなった来たので 一気に雑草も伸びてきています

    隣地のみなさんにも挨拶まわりも済ませました

    草刈りから入っていきます。

    近くの山の木で家をたてるコンセプトで 自然乾燥の紀州材をつかい

    大工さんの手加工でつくる びおハウスHの和歌山では2件目の物件に

    なる予定です。

    構造見学会 また夏の暑い時の びおはハウスHがどのようなものなのか

    びおソーラーも夏にどれくらい効果があるのか

    体感できる 見学会も予定しています

    紀州材も来週にはそろって加工場に入る予定です

    頑張って進めていこうと思います。

     

     

     

     

  • 楠見中の現場 進捗

    2018.04.03

    楠見中の施設の現場の進捗ですが 順調よく進んでいます

    鉄骨造の2階建ての建物になります。

    基礎工事が完了して 埋戻しに入っています

    入念に転圧して 埋戻しを進めていきます

    外部配管 内部配管を進めていき

    今月中ごろの棟上げ予定に標準を合わせて進めています。

    鉄骨の施工図のチェック  外部の胴縁の割り付けのチェック

    設備関係の梁の貫通部のフリードーナツのチェック等も済ませてあります

    鉄骨工事をお願いしいる 納庄鉄工さんも頑張って工場で鉄骨加工を

    進めてくれています。

    来週には 超音波の検査を受ける予定で進んでいます。

     

     

  • OPENしました

    2018.04.01

    今日も15時まで布施屋のモデルハウスを見てもらえます

    モデルハウスに来て一番はじめにするのは庭の水やりです。

    もう帽子が手放せない季節になりました。

    アオダモの木にも新芽が。

    今日も15時まで開けています。

    お気軽にお立ち寄りください。

     

     

  • 津秦の家 足場解体です

    2018.03.28

    和歌山市津秦で建築中の家ですが 塗装工事を完了させて

    樋をかけて 外部の美装工事も完了させてからの

    足場の解体工事に本日入りました

    塗装の色も 設計の山野さんと施主様が色見本を

    何回も現場で打ち合わせして決めた現場です。

    境界までの距離も 一般の住宅よりも 少し狭めだったので

    了解を経て足場も境界ブロックの上に建てさせてもらったり

    させていただいていたので 足場終了の御挨拶も本日回ら

    させていただきました。

    近所同士お互い様ですとは言ってくれましたが

    ほんとに工事期間中 ご迷惑おかけしました。

    そんなこともありどうしても 足場解体時には

    無事解体が終わり 建物の全容があらわになると

    嬉しい気持ちと ほっとする気持ちが入れ混じります。

    ほっとするのも本日だけで 明日からは 内装の和紙も施工していま

    すので仕上げ工事も予定道理進むように 頑張っていこうと思います。

    シート撤去です

    足場撤去です

    内装も 塗装が終わり 土佐和紙施工です。

     

  • 本日も開けています

    2018.03.25

    すっかり春の雰囲気になりました。

    モデルハウスから見る景色もどんどん変わっていきます。

    ご近所のお庭も花盛りでうきうきします。

    今日も10時から15時までオープンハウスをしています。

    お気軽にお立ち寄りください。

  • 引き続き公開中

    2018.03.20

    1月末の完成見学会を開催してから、日曜だけですがご予約なしで見たいただいています。

    ご近所の方や、前から気になってたんですと訪れてくれる人も多くご好評いただいています。

    引き続き4月も日曜は見ていただける予定です。

    平日・土曜日でもご連絡いただければ見学していただけますのでお気軽にご連絡ください。

    モデルハウスはお住まいになるかたが決まっていますが、2区画分譲しています。
    布施屋駅徒歩2分で便利でいい環境です。

    土地からお探しの方もぜひお気軽にご相談ください。

    びおハウス 完成見学会

     

  • 1 / 5012345...102030...最後 »
    ページトップ