日々の出来事。
技術屋として気づいたこと。
建築に対する想い。

  • びおハウスH 外構も進めています2

    2018.01.19

    玄関入り口付近の洗い出しも完成し

    全面道路からの乗り入れ部 インターロッキング施工

    始まりました。通路部はユニソンのラダムという商品を

    敷き詰めています。

    また車を駐車するところには植生用ブロック リビオを施工して

    芝生を植えて緑豊か駐車場にする予定です。

    一つ一つ丁寧に敷き詰めていきます

    通路も雰囲気出てきました

    車だ通るので下地にコンクリートの土間を施工しています

    芝生を植えると緑化率67%を実現できる緑化舗装材です。

    駐車スペースも緑に囲まれると思います。

    また街並みを考えて 電気の引き込みも地中埋設で

    敷地に入るように施工しています。

    建物の中も 養生を撤去して 美装工事も入りました

    玄関からのアングルで写真撮りました

    床の30mmの床板きれいに仕上がっています。

    また太陽熱を床下に入れるシステムを(びおソーラー)を採用しているので

    杉板の木本来の断熱性と相まって 素足のままでも不快感はこの冬場でも

    感じません。

    少しずつ床下の基礎のコンクリートに 蓄熱されているように思います。

    ぜひ見ていただいて 体感してもらいたいモデルになるように

    頑張っています。

     

     

     

  • びおハウスH 外構も進めています。

    2018.01.17

    びおハウスHの完成に向けて現場の方は進んでいます。

    並行して外構工事も進めています。

    来週からくる植栽工事に向けて

    ウッドデッキ関係やアプローチの洗い出しも完了しました

    明日から インターロッキングの工事も進めていき

    内部は美装工事に着手していきます

    販売型モデルハウスという形で進めてきた

    びおハウスですが 一定期間は 体感型のモデルとして運用していく

    予定です。

    予約いただければ できるだけ 合わすようにして見てもらえるように

    しようと思います。

    ゆったり目の敷地に コンパクトな家ですが中と外をつなぐ外構と植栽

    で心豊かに暮らせる工夫も見どころです。

    来週の 庭に緑が入る日が待ち遠しいです。

    ジャミコンクリートの洗い出しです。

    境界のじゃかごの石かごも設置開始しました

    ちなみに玄関のドアは仮設のドアです

    いつも最終にドアを入れています。

    養生して入れたりもした時期もありましたが 傷の問題等あり

    現在は仮設ドアをどんな形であれいつも入れています。

    ウッドデッキも 大工さんが完成させてくれました。

     

  • びおハウスHの秘密3 びおソーラー

    2018.01.16

    今回建築中でもうすぐ完成する布施屋の家ですが

    びおハウスHでこの頃全国的に設置されている

    びおソーラーを屋根の上に設置しています。

    屋根の上にパネルを載せるので 光発電のパネルと勘違いする人も

    ありますが、発電するパネルではなく、屋根に降り注ぐ太陽熱を集熱して

    床下に送って 暖房換気に利用するシステムです。

    夏には 夜間冷却空気を取り込み寝苦しい夜の解消に活用します。

    基礎断熱を採用して 断熱もUA値0.51の性能を有する家なので

    熱源のいる 暖房 冷房をできるだけ使わなくても 過ごしやすい

    中間期をいかに長くなるように建築の思想で考えて織り込んで建てている

    家になります。

    全国の町の工務店ネットのメンバーが地場で

    その地域にあうびおハウスを建てています。

    びおソーラーも少しづつですが 反響が生まれてきています。

    もうすぐ完成しますが 見学会が始まれば 太陽と空気が生む自然な暖かさを

    簡単な仕組みと手ごろな価格、メンテナンスで可能にできるこのシステムを

    実感してみてもらえるようにしますので

    ぜひとも太陽と自然とのつながりを感じて暮らせる

    モデルハウスを見に来てください。

     

     

  • びおハウスHの秘密2  珪藻土

    2018.01.12

    今月の末に完成するびおハウスHですが 現場の方は

    仕上げ工事に入っています。

    今月末の27日 土曜日 28日 日曜日の両日

    びおハウスHの完成見学会のプレオープンになります

    設計の半田雅俊さんの東京から来てくれることになってます。

    いろんな話が聞けると思います。

    また 今回の現場の和室で使っている珪藻土ですが

    稚内メソポア珪藻土を使っています。

    1 稚内産珪藻土使用

    他の産地のものに比べ、段違いの吸放湿性能を有する稚内産珪藻土を

    使用した塗り壁材。

    2 珪藻土含有率70%

    珪藻土をうたいながら、含有率が極端み少ないものもある中で、

    主材比 70%珪藻土+30%消石灰の構成

    でできた珪藻土を今回のびおハウスHで体感できるように

    和室の 天井、壁に施工しています。

    味のある仕上がりになる予定です。

    養生のきっちりして塗ってくれています。

    今回 和室は 壁、天井共珪藻土を塗っています

    材料です

     

     

  • 津秦の家 中間検査

    2018.01.11

    寒いと思わず 口走ってしまうほど 本日天候は

    この冬一番の寒さになっています。

    防寒のジャンパーとホッカイロがないと今日はほんとに

    辛いですが寒さの中でも頑張ってくれている職人のみなさんには

    ほんとに感謝です。

    朝、車のボンネットの上も うっすら白くなっており

    通勤途中、紀北からの車(たぶん山沿い)の 屋根にも白い雪が積もっている

    車もちらほら見かけました。たぶん高野山の方はたくさん積もっているだろうな

    と思いますが。寒さに負けずに現場の方は順調に進捗しています。

    津秦の家の現場ですが 本日木構造の金物がきちんと取り付け

    られているかの確認をするための検査をうけ無事終了することができました。

    もちろん瑕疵担保の検査も終わっています、また紀州材の検査も終わっているので

    これから大工さんはサッシの取り付けと外壁の断熱材入れが中心になり

    造作材の加工に入っていく予定です。

    屋根噴きも終わっているので 外壁の段取り ベランダの防水の段取りも

    並行して進めていく予定です。

    ちらほら雪が舞っています

    町角のアートシートも玄関上に設置しています

     

  • 西庄の家

    2018.01.10

    西庄の家  年明けから大工さん頑張ってくれています

    金物の中間検査も年末に受けています。

    ガラスも搬入取り付け完了しています。

    明日 施主様と設計の瀧川さんと現場で打ち合わせの予定です

    サイディングの色決め 範囲を確認して

    左官の仕上げとタイルのサンプルを見てもらう予定になっています。

    明日の打ち合わせが終了したら 外部はどんどん進めていけると思います

    来週末 ユニットバス設置  電気関係の配線工事にも入ってくる予定です

    正月気分がまだ少し残っていますが 頑張って進めていこうと思っています。

     

  • 明けましておめでとうございます

    2018.01.04

    新年明けましておめでとうございます。

    2018年は本日から始まります

    昨年はたくさんの人たちにお世話になりました

    今年もいろいろなことがあると思いますが

    家の性能もしかりですが コストのこと

    施工の質のこと 地域の工務店だからできる

    家づくりを今まで以上に 情報発信して

    地道にやって行けたらと思っています。

    その第一弾びおハウスHがもうすぐ完成します

    完成見学会も予定しております。

    ぜひ見に来てください。

    本年もよろしくお願いいたします。

    屋根には 太陽の熱を集熱して床下に送り込むシステム

    びおソーラーを設置しています

    寒い冬の時期 断熱性能(UA値0.51)とびおソーラー

    を体感してもらえたらと思っています。

    構造も 耐震等級3で制振ダンパーを設置してあり

    住む人を守れるようにしてあります。

     

  • 今年一年有難うございました

    2017.12.30

    現場の作業も終了して 正月を迎えられるように

    清掃、片づけ完了させました

    施主さまにも挨拶も済ませ  新年を迎えることになります。

    あっという間の一年でした

    来年も頑張って充実した 一年になるように

    会社では リフォームにもう少し力を入れていこうと思っています

    また新年早々 モデルのびおハウスHの完成見学会が月末から始まる予定です

    また着工予定のびおハウスHも決まってきました。

    木の家をつくる会も 現在着工現場が一件と設計中で来年着工する

    予定も現状で2件決まっています。

    自然素材を使い 近くの山の木で家を建てる もっと建築でできること

    ローコスト住宅ではないですが  ハウスメーカーなどがあまりやりたがらない

    手間をかけて作る ハンドクラフト(手仕事)の住宅の普及に来年も頑張っていこうと

    思います。

    今年一年有難うございました

    みなさんよいお年をお迎えください

     

  • 地鎮祭でした

    2017.12.27

    和歌山市の現場で本日地鎮祭行いました

    非常に風も強く 寒い中での地鎮祭でしたが

    無事終了しました。

    合わせて隣地挨拶も 施主様 設計者様と一緒に3者で

    回らせていただきました。

    寒い中でも 地鎮祭はきりっと身が引き締まる思いになります。

     

  • 新家の家の打ち合わせ

    2017.12.23

    木の家をつくる会で泉南の新家で計画している 家のクライアントさんですが

    現在建築しているびおハウスHのびおソーラーと断熱性能の高いUA値0.51

    の家を見てみたいとのことだったので、本日現場に来てもらいました

    今回設計する島村さんにも一緒に来てもらいました。

    ビオソーラーも一週間くらい前から試運転を始めています。

    ハウスメーカーではできない 地元の自然乾燥材の紀州材を使い

    大工さんの手刻みにこだわった骨組み また随所に大工さんの手仕事が生かされた

    造作家具、天板の無垢の一枚板も本日取り付けしました。

    いろんなお話をさせてもらいました  来年早々には本格的に島村さんの方で

    設計の打ち合わせが始まります。

    建築中の現場を見てもらう 話だけでは伝わらないこと

    今の寒い季節に どれほど断熱性能が高い家が暖かいのか

    びおソーラーてどれほど効果があるのかなど

    現場で体感してもらうことが 言葉で話するより

    説得力があるように思います。

    会の仕事 和秋建設の仕事 分け隔てなく 見てもらえるものは見てもらい

    言葉では言い表せない 性能や質感 木の持つ温かみやここちよい大工さんの手作り感など

    体感して感じ取ってもらえるように 今後も努力していこうと思っています

    天気も良く見学日和になりました。

    裏手にまわり びおソーラーが見えるところで説明している所です

    北面2階のトイレの配管カバーと雨樋の収まりです

     

    乾棟梁が現場で階段の手すりを作ってくれています

    キッチン前一枚板取り付け中です

  • 1 / 4712345...102030...最後 »
    ページトップ