ブログ

岩出 施設新築 基礎コンクリート

本日岩出で着工していた 某施設の基礎のコンクリート

打設しました。 朝からコンクリートの現場での試験に

設計者と一緒に立会い, 試験確認後のコンクリート打設の流れ

になりました。

img_3460

もともと設計基準強度が FC-21(数値が大きいほど強度大)で

品質基準強度が FC-24の指定でしたので温度補正をして

本日の生コンはFC27  スランプ15  骨材20

水セメント比53%でのコンクリートの打設になります。

一般の人にも わかりやすく説明すると

FCはコンクリートの強度で, 数値が高いほど強度が強いです

スランプはコンクリートの柔らかさで, スランプの数値が低いほど

強度が強くなりますが施工の難しさは上がってきます。

水セメント比は, セメントと水の重量比で表しますが数値が低いほど

良いコンクリートになり、中性化するのが遅くなります。

(コンクリートはもともとアルカリ性で 年数をかけて中性化していき強度が落ちていきます)

施設であれ 住宅であれ いつもコンクリートは試験をして

できるだけ 水セメント比を低くして施工するように心がけています

56%以下で打つようにしています。

どんなコンクリートでも見た目は同じなので 強度 スランプ 特に水セメント比は注意です。