ブログ

木の繊維の断熱材

布施屋の家上棟も無事終わり  大工さんは外壁の面材や

金物つけに頑張ってくれています。

本日 中間検査も無事問題なく終わりました。

週明け月曜日には 瑕疵担保の金物の検査と紀州材の補助金の検査も

行う予定でいます。

さて今回 建てている家の特徴の一つとして  屋根に使われている断熱があります

一般的には グラスウールやロックウールなどの鉱物繊維からつくられた断熱材や

プラスチック系断熱材などありますが、今回使っている木の繊維の断熱材は原材料が

その名の通り木材からつくられている断熱材です。

(北海道のトドマツ・カラマツなどの針葉樹のチップをプレート状に成型した、環境保全・環境負荷軽減・地球温暖化防止の観点に立った、地球に優しい断熱材です。ドイツ発祥の木質繊維

断熱材は、環境欧州では広く用いられています。

原材料が木ですから、断熱性能に加え、蓄熱性能・調湿性能を持ち、日本の気候風土にぴったりの自然素材と言えます。

熱伝導率の数値などは 高性能グラウウールと同じくらいですが

熱容量の性能差が大きく違うので 熱容量が大きい断熱材ほど蓄熱性があり

熱の移動を遅くすることができます。

昔の茅葺の家は冬暖かく 夏涼しいのもこれと同じ理由だからなのです。

今回は密度60kg/㎥で120mmの厚みを2重に敷き詰めています

YKKのAPW330のサッシと相まって、来る冬と来年の夏にこの家の快適さが

体感できると思っています。

2階から見上げたところです 全面に240mm敷き詰めています

その上に24mmの合板で耐力をとって 120mmの垂木が通気層

になり棟換気で熱が排出されます。

棟上げ当日敷きこみます。