ブログ

断熱材

貴志川の家で 構造見学を先週の土日で、

開催させてもらいました。 完成見学会の時には

見ることができない 構造の仕組み 断熱材の入れ方

組数は限られていましたが 5組来てもらい

平均 現場滞在時間2時間くらいと

色んな 話を聞いてもらい また質問もしてもらい

非常に開催してよかったと思っています。

一般の人の感じていることは 正しい断熱の入れ方等

説明したらわかるが 言われないと わからないという答えが

一番多かったです。 ですが断熱hが仕事の質によって

性能のよし悪しが一番出やすい仕事だと思います。

一般に断熱材を施工するのは 大工さんになります

特別に 断熱材施工費という項目をつくり

施工費を支払うことはなく 大工さんの手間の中に含まれる場合が多いようです

私たちが 一緒に 仕事をする大工さんの棟梁は断熱の施工の仕方

なぜ そのようにしなければならないのか  質を保つ  性能が発揮される

家に住むお客さんのために  この循環がわかってくれていれば

正しい仕事をしてくれるし。 施工の監理をする私たちも 理解して

いつも話をして 断熱の施工の質を保つようモチベーションを

持ち続けていかないとと思っています。

どんな断熱材 内断熱 外断熱 やり方 種類はいろいろ

ありますが やはり一番大切なのは 正しい施工これに尽きると思います

1432002061765

 

 

 

 

 

柱と間柱   間柱と間柱のあいだ 寸法が違うので

390幅と435幅2種類の幅の断熱材を使い分けています

床下の取り合いは防湿層をLに曲げて 床板で抑えるように段取りします

1432001873495

 

 

 

 

 

胴縁施工するため 防湿層の重ねは 専用のテープで 止めています

ボード直貼りの場合テープ施工は省けます

防湿層をきっちり重ねるのがポイントです 柱は間柱のつらが見えて

いるのであれば 断熱材を押し込んで入れているだけなので

正しい施工とは言えません

1432001944399

 

 

 

 

 

 

 

また 断熱材を入れられない隙間 サッシの隙間

設備の貫通部など 手間はかかりますが

現場で発泡ウレタンを吹いて少しでも 内部結露を

起こるのを防ぐようにしています

1432428452094

 

 

 

 

 

また天井と壁の取り合い部 断熱の絡む所は

通気止めを 確実に施工します

また 天井の断熱材の幅475で ボードを貼る下地は

ボード外周4面下地が来るよう施工しています

そうすることにより 断熱の等級が4になり

住むひとが 少しでも快適になるようと願い

施工しています。